小規模保育事業に新規参入する|独立開業を支援

男の人

経営に関するサポート

先生

塾を開業し、その経営を初めて体験する時には様々な疑問点や問題にぶつかることでしょう。その時、フランチャイズに加盟していれば万全なサポートを受けることができるのです。

販売動向データを管理

レジスター

POSレジを導入することによって、一日における販売動向データを全て管理することができるようになります。販売動向データを管理することができるようになれば、データ分析や在庫管理等の業務を効率化することができるでしょう。

最適なビジネス手段

レディ

中国輸入ビジネスを始める際には、中国輸入代行を利用することをお勧めします。中国輸入代行を利用することによって、中国現地での仕入れから商品の発送まで、全て代行してもらうことができるようになるのです。

待機児童問題の解決

女性と子供

近年、日本国内における待機児童問題がクローズアップされるようになりました。待機児童というのは、保育園に入園できていない児童のことを指し、その数は年々増加していると言われているのです。平成27年4月に、待機児童問題の解決策として「小規模保育事業」がスタートしました。小規模保育事業とは子育て支援新制度であり、定員が6名から19名、対象年齢は0歳から2歳といった保育園のことを指します。従来、その規模の保育園というのは認可外となりますが、この新制度によって認可保育園として設立することできるようになったのです。認可保育園として設立するメリットというのは、認可外保育園の開園が2年から3年掛かるのに対して、小規模認可保育園であれば開園が4カ月から5カ月で可能といった点と、国からの補助金を受けることができるといった点が挙げられます。

小規模保育事業を始める時には、認可外保育園とは異なる条件が幾つか存在します。その条件というのは、設備基準や職員配置、入所申し込み方法、入園者の選考方法、保育料等です。設備基準や職員配置は国が定めた基準を満たしている必要があり、入所申し込みに関しては地域の自治体が受け付けを行ないます。また、入園者の選考も自治体の役割です。保育料の決定についても、保護者の収入応じて自治体が決定します。このように、小規模認可保育園を開業した際には、認可外保育園に比べて制約が多くなるのです。しかし、年間で受けられる公的補助金は平均3500万円前後と言われており、制約が多いといったデメリットを大きく上回るメリットとなっています。